法人で利用する印鑑の用途

会社で利用する印鑑を取り扱っております。
新規に法人設立される方や、どのような用途にどのような印鑑が必要なのかなど、ご不明な点がございましたらお気軽にスタッフまでお尋ねください。

法人印の特徴

個人用印鑑と違い、法人用印鑑の外枠は社名が円を書くように入るのが特徴です。
中央部分の内枠表記について下記のページにて説明しておりますので、ご覧ください。
法人用印鑑の内枠表記について

実印・代表印

契約書等に利用する印鑑です。

会社の登記・登録やその会社の代表者が行う法律に関わる行為(各種契約書等)に、会社として正式な権利や義務をを示す時に利用する印鑑です。
実印を捺印して、印鑑証明を添付したときにさまざまな書類を成立させることができます。
金融機関からお金を借りる場合も実印は必須ですので、非常に重要な印鑑です。

会社銀行印

金融機関(口座)で利用する印鑑です。

個人の銀行印同様、会社の金融機関で利用するための印鑑です。
代表者印と兼用している、というお客様もまれにおうかがいします。
例えば、経理担当者が頻繁に会社の一番大切な代表者印を用いることは、かなりリスクがあるのでお勧めしていません。
銀行印や代表者印はそれぞれあるべきで、通常の金融機関専用の銀行印を備えておいて、代表者印を軽々しく用いないようにすることが、堅実に会社を運営するためには必要だと言われています。

会社角印・社印

見積書や領収書・請求書等に利用する印鑑です。

法人用の角印とは、会社名や店舗名の入った四角い印鑑です。
法人用角印は、個人用印鑑でいう「認印」ですので、法的効果はありません。
法人実印や法人銀行印よりも大きいサイズで作られ、18ミリ~24ミリがよく利用されています。
会社や団体の権威と象徴を表示する重要な印鑑で、主に会社や法人、事業所、店舗等の領収書や請求書・見積書などの認印として使われます。